ディアゴスティーニかわいい刺繍でイニシャルの白糸刺繍の図案完成!

ディアゴスティーニのかわいい刺しゅう3号ではミニクロスにイニシャルを白糸で刺しゅうしていきます。

3号と4号でミニクロスが完成するようになっています。

春のタペストリーではアルファベットの周りの飾りを刺しゅうしていきます。

かわいい刺しゅうの3号で作った作品を紹介します。

かわいい刺しゅう3号

3号のステッチの練習ではレイジーデイジーステッチチェーンステッチを練習します。

最初にレイジーデイジーステッチを練習します。

糸の引っ張り具合で輪の大きさが変ってきます。

次にチェーンステッチでハート型を刺していきます。

この後、春のタペストリーでイニシャルの周りをこのチェーンステッチで囲うので、それの練習になります。

コツは、同じ間隔で出来るだけ輪の大きさを同じにすること。

糸を引っ張りすぎると輪が小さくなって不揃いになってしまうので、引っ張りすぎには気をつけましょう。

春のタペストリーのイニシャルの周りを飾り付けていきます。

葉の模様は緑系の刺しゅう糸を使い、一本取りで刺していきます。

Tの周りを刺しました。

以外に細かくて、葉の角を作るのが大変でした。

Aの周りの刺しゅうです。

薄緑の刺しゅうが細かい!

老眼鏡が手放せません。

イニシャルの周りを刺すのに1文字約30分ほどかかりました。

「I」の周りの刺しゅうが完成!

春のタペストりーの葉の刺しゅうと黄色のレイジーデイジーが刺し終わったところです。

ここまではなかなか上出来かな?

青系の糸でイニシャルの周りをチェーンステッチで囲っていきます。

チェーンの輪の部分が不揃いにならない様に、同じ大きさになるように
気をつけて刺していきます。

角をきれいに作るのが難しかったです。

「T」の右上の角が少し内側に入ってしまいました。

角を作る方法がマガジンに載っているにもかかわらず、少し内側になってしましまいました。

でも、遠くから見てもあまり気にならないので、このまま刺し続けます。

チェーンステッチが終わったところ。

なかなかの出来に満足!

今回は一気に刺しゅうをしたので、ここまで3日ほどで出来ました!

暮らしのステッチ小物は「イニシャルのミニクロス」白糸刺しゅう。

アルファベットと花を刺しゅうしていきます。

マガジンの見本は「Y」ですが、私のイニシャルが「A」なので、
「A」を刺しゅうすることにしました。

図案はA~Zまで用意されているので、好きな図案を写せます。

複写紙が薄いところは水で消えるペンで書き足しました。

刺しゅうの配置図の通りに下から7cm、右端から7cmのところに図案を写します。

刺しゅう枠をはめて、白系の刺しゅう糸で刺していきます。

土台が白なので、白糸で刺すと、糸が見づらくて、少し苦労しました。

花の部分をレイジーデイジーステッチで刺します。

全部同じ大きさで刺すときれいな花になりますが、私の場合は少し花の大きさが不揃いになってしまいました

最後に霧吹きで水をかけて水色のペンを消します。

意外としっかりかけているので、一度ではきれいにペンの色が消えないので、
3回ほど繰り返し水をかけてきれいに消せました。

ペンの色が取れる前にアイロンをかけてしまうと、色が定着して落ちなくなるので、
必ずきれいにペンの色が消えてからアイロンをかけてくださいね。

次号でミニクロスの周りの始末をして、ハンカチに仕上げます。

さいごに

かわいい刺しゅうの3号まで刺しゅうが完成しました。

少しずつですが、着々と作品が出来ていくのが楽しみです♪

3号、4号、5号の紹介もしているので、こちらも見てくださいね。

3号>>かわいい刺しゅう3号ディアゴスティーニが届きました!

4号>>ディアゴスティーニのかわいい刺しゅう4号はハンカチが作れます!

5号>>ディアゴスティーニかわいい刺しゅう5号はこぎん刺しのつつみボタン!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする