かわいい刺しゅう11号はスモッキングで小花の通帳ケースを作ります♪

かわいい刺しゅう11号はスモッキングで小花の通帳ケースを作ります。

ギンガムチェックのスモッキングは見たことがありますが、
水玉のスモッキングは初めてなので作るのが楽しみです。

春のタペストリーはオオカミと7匹の子ヤギの刺しゅうを始めます。

どんどん完成に近づいていきますね。

少しは上手に刺せるようになったかな?

では、11号を紹介します。


かわいい刺しゅう11号

初めてのスモッキングだったので、11号が到着してすぐにスモッキングを始めました。

また、春のタペストリーはオオカミと7匹の子ヤギの刺しゅうが始まります。

子ヤギの刺しゅうはほぼ共通しているので、1匹を刺しゅうしたら同じ手順で
他の子ヤギを刺しゅうしていきます。

小花の通帳ケース

スモッキングを刺しゅうするのがとても楽しみだったので、
最初にスモッキングの刺しゅうを始めました。

今回は水玉柄の布を使って小花を作るドッテッド・スモッキングという方法です。

水玉を4つ縫い絞ると小さな花のような柄が出来ます。

4枚の花びらのように見えますね。

上の段は3個の水玉を絞るので3枚の花びらになります。

小花が四角に並ぶように刺していきます。

裏から見ると規則的に絞れています。

最後にアイロンをかけるので、とにかくどんどん刺しゅうしていきます。

マガジンでは最初に表布にガイドラインを引いてから刺しゅうを始めています。

この作業が意外と時間がかかって面倒だったので、私は最初の10段くらいまで
ガイドラインを引き、刺しゅうを始めました。

慣れてくるとどこの水玉をすくって絞ったらいいのかが分かってくるので、途中からは
ガイドラインが無くても刺しゅうできました。

刺しゅうに慣れている人やドッテッド・スモッキングを刺したことのある人は
ガイドラインを引かなくても刺しゅうできるので、時間短縮になりますね。

3日間くらいで全部刺し終わりました。

一度やり始めると楽しくなってきて、どんどん進んでいきます。

絞り方が甘いと表から見たときに刺しゅう糸が見えて見栄えが悪くなるので、
隙間が無いようにきっちりと絞りましょう。

次にアイロンがけをしますが、水で消えるペンを使った場合にはこの段階で
きれいにペンを消しましょう

消す前にアイロンをかけてしまうと、ペンが消えずに残ってしまう場合がありますので
注意してください。

次に意外と大変だったアイロンがけ。

どこからどうやって、どのように折りたたんでアイロンをかけたらいいのか、
マガジンの写真を見ながら悪戦苦闘!

そこで一番きれいに出来るやり方が右上から斜めにアイロンを下から上に向かって
かけていくときれいにアイロンができると思います。

縫い代は全て上側へ倒すようにして、アイロンをかけるときれいに平らに
なりました。

全てアイロンをかけたところです。

きれいに縫い代も上に倒して仕上がりました。

左右の布は上側に、下の布は右側に、上の布は左側に倒しました。

左上の布の収まりが悪いので、ここは斜めに折りたたんでアイロンをかけています。

上下左右の部分もきれいにひだを作ってアイロンをかけます。

次号12号で通帳ケースに仕立てます。

春のタペストリー

春のタペストリーはオオカミと7匹の子ヤギを刺しゅうしていきます。

タペストリーの右下に7匹の子ヤギがいます。

それぞれ散らばっていく様子がかわいいですね。

1匹目の子ヤギはレモンイエローの服の子ヤギ。

顔を左右で半分ずつサテンステッチで刺繍していきますが、顔の中心に隙間なく刺繍しないと線が入ったように見えます。

気をつけて刺しゅうしていったつもりですが、少し隙間が空いているように見えますね。

顔全体を白糸で刺しゅうしていくと、目、鼻、口の部分の下書きが見えなくなってしまう
ので、マガジンの写真を参考に刺しゅうしていきました。

洋服のサテンステッチは隙間なく思ったより上手く刺せましたが、白糸のサテンステッチは
細かく刺したつもりでしたが隙間が少し目立ってしまいました。

7匹の子ヤギが完成!

子ヤギたちが散らばっていく様子がとてもかわいいですね。

12号ではオオカミを刺しゅうします。

まとめ

かわいい刺しゅう11号はいかがでしたでしょうか?

次号の12号の発売日は1月29日(火)です。

次号ではオオカミの刺しゅうとスモッキング刺しゅうの通帳ケースを完成させます。

通帳ケースがどんな風に出来上がるのか、今から楽しみです♪

デアゴスティーニかわいい刺しゅう各号の紹介をしています。
CHECK!>>かわいい刺しゅうの内容とレビュー!創刊号~11号までの作品が完成♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする