かわいい刺しゅう7号をレビュー♪ねこのポーチを刺しゅうしました。

デアゴスティーニのかわいい刺しゅう7号が完成しました。

7号ではがま口を作るために表布にねこを刺しゅうします。

春のタペストリーはお城を仕上げてドラゴンを刺し始めていきます。

春のタペストリーも少しずつ埋まっていくのが毎回楽しみです♪

出来た作品を紹介します。

デアゴスティーニかわいい刺しゅう各号の紹介をしています。
こちらも見てくださいね。
CHECK!>>かわいい刺しゅうの内容とレビュー!創刊号~9号までの作品が完成♪

※現在、楽天市場ではかわいい刺しゅう各号が売りれている場合があります。

ねこのがま口ポーチ

ねこを早く刺しゅうしたくて、開けて早々ねこの図案を書いて、刺しゅうを始めました。

まずはねこの輪郭をアウトラインステッチで刺しゅうしていきますが、カーブの部分や
顔の部分が難しく、出来るだけ細かく刺しゅうするようにしました。

輪郭だけでもねこっぽくかわいいですね。

輪郭が終わったらアウトラインステッチの内側に沿ってチェーンステッチを刺していきます。

何を勘違いしたのか、私はチェーンステッチではなく思い込みでアウトラインステッチで
埋めてしまいました。

マガジンをよく読まずに今頃気づいてしまいましたが、やり直す気力もないのでこのまま
進めていきます。

皆さんはチェーンステッチで埋めてくださいね。

だからなのか、ところどころすき間が空いているところがあります。

また、刺し縮みが出来てしまい、少しシワがよっている感じに出来てしまいました。

スカーフも刺し終わり、ねこっぽくなってきました。



目、口、爪と周りの星を刺しゅうします。

7号はここまで。

ヒゲ、残りの星は8号で仕上げます。



ステッチの練習

ステッチの練習はフライステッチを刺しゅうします。

フライステッチはお城の木立を刺すときに使うので、ここで練習です。



春のタペストリー お城とドラゴン

春のタペストリーは6号に引き続きお城の壁と旗を刺しゅうします。

塔の壁は白系BLANCの1本取りでアウトラインステッチで、刺しゅうします。




塔の旗はサテンステッチ、旗の棒はバックステッチで刺しゅうします。

三角に刺しゅうするのってなかなか難しいですね。

3つとも不揃いになってしまい、きれいな三角に出来ませんでした。

とりあえず先に進みたいのでこのままで。


塔の壁と旗の棒は1本取りで刺しゅうするんだったんですね。

ここでも見落として、2本取りで刺しゅうしてしまったので、
マガジンの写真と見比べると棒が太いのが目立ちますね。

旗も納得がいかない出来だったので、後日、刺し直そうと思います。



お城の下の木立も刺しゅうします。

緑系2色で木を刺しゅうしますが、色が似ているので、よく見て刺しゅうしてくださいね。

緑の部分はアウトラインステッチで幹の部分はストレートステッチフライステッチ
フレンチノットで刺しゅうします。

これでお城の部分は完成!

やっぱり旗の部分が納得できない出来なので、後日、刺し直すことにしよう。



ドラゴンの刺しゅうを始めます!

最初はお腹の部分から。

お腹の輪郭はアウトラインステッチで、お腹の内側の6本の線はバックステッチで刺しゅうしていきます。

お腹の内側のバックステッチは目が細かくて大変でした。



ひげと耳をアウトラインステッチで刺しゅうします。

角をきれいになるように気をつけて刺しゅうしていきました。

残りは8号以降で。



まとめ

かわいい刺しゅう7号はいかがでしたでしょうか?

春のタペストりーは新しいキャラクターのドラゴンの刺しゅうが始まりました。

ねこの刺しゅうも出来たので、がま口を作るのが楽しみです♪

次号の8号の発売日は12月4日(火)です。

すでに発売されていますが、楽天市場では売り切れている場合があります


デアゴスティーニのホームページからもバックナンバーを注文できます。
↓ ↓ ↓ ↓
デアゴスティーニかわいい刺しゅうのページはこちらから

デアゴスティーニかわいい刺しゅう各号の紹介をしています。
CHECK!>>かわいい刺しゅうの内容とレビュー!創刊号~9号までの作品が完成♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする